口臭ガイド

嫌な口臭

口臭は、人間の口や息で体外に放出されるイヤな臭いのことで、自分自身ではわからないこともあります。
周囲の人を不快な気分にさせてしまう口臭が出ることには、多様な原因があります。
一般的な口臭は口の中にその原因があると言われています。

でも、あまり口内とは関連していないように思える内臓疾患も口臭の原因であるケースもあります。
口臭の原因が内臓からの病気によるものの場合は、その疾患ごとに違う臭いを発するので何が原因で臭っているのか判別しやすいようです。
もしも、アセトン臭と呼ばれるりんごが腐った時のような臭いが発生しているのなら、疑いとして糖尿病が考えられます。
糖尿病であれば唾液の分泌量も少なくなるために、口の中が乾燥してしまい口臭につながるとの考えもあります。

さらに、ネズミのような臭いだったりカビのようなくさい臭いが感じられる時は、肝機能障害や慢性肝炎などにかかっていることがあります。
これは、本来肝臓で分解されるべき物が分解しきれず、血液中に流れ込んで体内を巡り最終的には口臭という形で体の外へ出されています。
その他、腐った卵のような臭いの口臭があるときには、十二指腸潰瘍だったり胃潰瘍や胃炎などの消化器系疾患が考えられます。
胃腸が弱っていると、食べたものの消化と分解がうまくできずに、胃の中で異常発酵が起こってしまい口臭が放たれることになります。
体調の崩れによって生じる口臭のときは、まずは原因となる病気の治療から始めましょう。
口臭の原因になっている病気を治すことで、特有の口臭は少なくなっていきます。

基礎代謝と食事

基礎代謝には食事も大きくかかわります。食生活が乱れていると基礎代謝も下がり太りやすくなったり病気になりやすかったりするのです。 例えば朝食。朝食は朝が苦手な人や一人暮らしなどで生活リズムが乱れている人は、つい抜いてしまいがちですが、朝食を抜いてしまうと、体温が上がらずに一日の基礎代謝が下がってしまうのです。まずはしっかりと朝食をとることを心がけましょう。 また食事はよく噛んで食べる事。消化が悪くなると胃に血液が使われてしまい、基礎代謝が落ちます。毎日、3食をするとすれば1年で1000回以上、10年で一万回以上の食事があります。しっかり食べて基礎代謝を上げるという事は健康につながり癌になりにくいなど様々なメリットが生まれるという事を忘れてはいけません。参照:ウォーターサーバー口コミ・エージェント