口臭ガイド

虫歯と口臭

当人には自覚がなく、意図せず周りの人に迷惑をかけてしまっている口臭は、原因の多くが口内における病気のためだとの指摘がされています。
虫歯の治療を怠っていると、口臭が発生する原因になります。

虫歯が原因の口臭の場合は、口の中に細菌が増えてしまうことで起こるものです。
虫歯になった歯の穴に食べたものが詰まってしまい、その部分で細菌が増えるため口臭の原因である臭いが生じます。
その上、神経が腐るまで進行した虫歯が存在すると、腐敗した悪臭を発する口臭がします。
虫歯があるだけで口臭に悩まされますが、虫歯が原因の場合は治療によって口臭もなくなるので対処しやすいものでしょう。
それから、歯に残った歯垢や舌に付いた舌苔なども口臭をもたらす原因になってしまいます。

他にも、歯肉炎や歯周病というのも強い口臭の原因の一つに挙げられます。
歯肉炎が歯茎の炎症を起こし、歯周ポケットが深くなった場合、細菌の繁殖しやすい状況になり、ガスが生じて口臭につながります。
このときに治療をしないでいると、血や膿がでるという症状へ進み、ますます強い臭いになります。
強い口臭がある人は、歯周病にかかっている人が大多数のようです。

口の中の原因で起きている口臭の対応策は、正しいやり方で歯を磨くことが重要になります。
歯の間、歯茎との境目などもきちんと磨き、デンタルフロスなどを使うことも口臭対策に役立ちます。
個人で実践するオーラルケアとともに、数ヶ月に一回は歯科医院に足を運んで口腔内を調べてもらったり歯石除去をお願いするとさらに良いでしょう。