口呼吸と口臭

口呼吸と口臭

鼻の炎症が原因で口臭が発生することがあります。
慢性鼻炎や副鼻腔炎の症状として、後鼻漏という、鼻水が喉に流れ込んでしまう症状が出てきます。

後鼻漏のために喉へと落ちてきた鼻水は、時間がたつほど粘度を増して臭いもするようになり、それによって口臭の原因となるようです。
喉や鼻腔内に鼻水を溜めた状態でそのままにすると、細菌が増えて炎症につながります。
その炎症による臭いが口臭の元になります。
加えて、鼻炎のせいでずっと鼻が詰まっている状態のため、鼻呼吸がうまくいかず口呼吸になっていることも多いようです。

口呼吸も口臭の最大の原因の一つです。
口呼吸ばかりすることで、口の中が乾いた状態のままになります。
唾液が出ることで口内の清潔さは保たれてるのですが、口の中が乾燥してしまうことで清潔を保つ働きが阻害されてしまいます。
さらに、唾液の分泌が減り口が乾くと、口腔内は細菌の繁殖しやすい状態になってしまいます。

口呼吸によって唾液の分泌が追いつかないと口内の汚れもうまく取り除けないため、口の中で細菌が増えることになり、臭いが出ることで口臭を引き起こします。
鼻炎を原因として発生する口臭を防ぐには、耳鼻咽喉科に行って正当な処置をしてもらうことが必須事項になります。

ですが、鼻炎の治療薬にもなる抗ヒスタミン剤の副作用で、眠気や口の乾きという状態が起きることがあります。
抗ヒスタミン薬の副作用として、唾液の分泌量減少によって口臭がひどくなった際は、医師に相談を持ちかけて薬の飲み方を変えるなどの対策をとるといいでしょう。

国内縫製のこだわりのオーダースーツがゼルビーノならお手軽価格で仕立てられます!

オーダースーツはゼルビーノ