歯磨きと口臭

歯磨きと口臭

口臭は、自覚することが当たり前のものではないようです。
仮に口臭を放出していたとしても、それを伝えてもらえる場合は滅多になく、故意ではなく他の人たちの気分を害する可能性もあるかもしれません。

本人は意識していなくても、口臭が生じているということも多数あるのです。
口から臭いがする原因は3つに大別されます。
はじめに、全ての人が持っている生理的口臭と言われるものです。
これは例外なく全ての人間にあるものだから、あまり神経質にならなくても良いですが、歯磨きを怠ったりと口腔内を清潔に保っておかないと生理的口臭も嫌な臭いになりますので、気を抜いてはいけません。

そして、病気にかかり体調を崩すことも口臭の原因となり得ます。
口臭の原因のほとんどは、口腔内の疾患が要因となっているようです。
歯をしっかり磨かず口内が不衛生だと、食べもののカスが歯垢となり口腔細菌が腐敗発酵させるためにひどい口臭となります。

あとは、歯磨きを怠ると虫歯になりやすく、その虫歯からも口臭が起こります。
義歯やブリッジなどにも歯垢は付きやすく、人工歯だからと手入れをあまりしていないと口臭が出る原因になります。
口の中に溜まってしまう汚れとして舌苔も口臭の大きな原因です。
胃が荒れていたり、熱を出した時などは舌苔が付着しやすい状態になります。

舌苔は細菌が増殖する危険があり、悪臭となりますのでケアすることが求められます。
といっても、歯ブラシを使って舌を闇雲にこするのは、口臭には逆効果なので注意しましょう。

さらに、タバコやアルコール、においの強い食べ物が原因で口臭を引き起こす可能性があります。
食品に原因がある口臭に関しては、体内に臭いの元があるため口腔内だけをどれだけ清潔にしても口臭はなくなりません。