病気と口臭

病気と口臭

口臭も原因によって分類すると、病気が原因となった口臭食べたものやタバコが原因となり発生する外因的口臭、生理的な原因による生理的口臭があります。

生理的口臭とは何かと言うと、誰もが持っている口臭を指します。
朝起きてすぐや空腹時、緊張時には誰でも口臭が強くなります。
生理的口臭というのは、睡眠中や空腹感を抱えている時または緊張状態にある時などに唾液の分泌が減少して、口の中の細菌が増殖しやすくなっていることで起きるのです。

唾液が減ることと細菌が増えることが同時に起こると、口臭の原因となる揮発性硫黄化合物が大量に出来るので口臭が生まれます。
でも生理的口臭の場合は、病的な場合や外因的な場合とは別で、歯磨きをしたり、空腹を満たしたり、リラックスすることなどの対応をすれば和らげられるものなのです。
生理的口臭は口の中の唾液の分泌が多くなればおのずから口臭はなくなるので、特に専門家に見せることは不要です。

女性なら生理の際に口臭が増すこともありますが、ホルモンのバランスの変化が関係して起こる口臭なのでこの場合も治療はいらないでしょう。
これと同様に、妊娠したり思春期を迎えるなど、血中ホルモンの変化が顕著に現れるときにも強い口臭が現れることがあります。

生理的口臭というのは誰もが皆持ち、適切なケアができればすぐに軽減されるものですから、あまり気にしないようにしましょう。
自分が出している口臭が生理的なものなのか、病的原因によるのかで悩んでいるのなら、一人で答えを出そうとせず歯科や内科の先生に診断してもらいましょう。