炎症と口臭

炎症と口臭

口臭が出る原因のおおよそ80%は口の中に点在していると言われます。
歯垢や歯石、歯槽膿漏、虫歯、義歯などが口臭が生じる原因になります。
これら以外にも病気にかかったことで口臭の原因となることもあります。

胃腸の調子によって口臭が起きる場合があることは有名ですが、呼吸に異常がある場合も口臭が生じます。
肺、気管支、上気道、胸膜などの呼吸器系のどこかに異常があると、臭いがダイレクトに口臭となって口から出てきます。
喘息などが原因で気管支に負担がかかると、痰などが増加します。

気管支が弱いと痰が外に排出されにくく、分泌物が溜まって臭いの元となるため口臭が出る可能性が高まります。
気管支炎や肺炎といった病気が原因の口臭の場合、腐敗した肉のように生臭い臭いが特徴です。

その場合、炎症で組織が傷ついたり、膿によって細菌が増えることで不快になるような悪臭を発生することになります。
呼吸器系の異常が原因となる口臭は、病気そのものを治療しなければ解消しないので、耳鼻科や内科で適切な治療を行なうことが必要です。
それから、膿栓と呼ばれるものが喉の奥にできていることも大変強力な口臭を出す原因になるでしょう。

これは細菌の死骸であったり食べ物カスが喉に蓄えられてできるもので体には悪影響とはならないものの、小さくてもひどい臭いがあります。
喉の奥に白っぽい黄緑色の塊を見つけたら、口臭の原因となる膿栓の恐れがありますから耳鼻科で診てもらいましょう。
無理して自分で除去を試みても、喉を傷つけてしまうと反対に口臭が悪化することがありますので、病院で治療しましょう。