加齢と口臭

加齢と口臭

加齢により口臭を引き起こしやすくなることは周知の通りでしょう。
これは、高齢になると口の中の清潔を保つのが難しくなる人が増加するということにも関わっています。
年を取ると入れ歯や差し歯などをする人が増えてきます。

入れ歯や差し歯は人工のものですから口臭とは無関係だと誤解している人もいますが、入れ歯や差し歯にも歯垢が付着しますので、口臭の原因となるのです。
入れ歯や差し歯にこびりついた汚れを対処せずにそのままにしておくと、激しい口臭を出す原因となるでしょう。

また、年を取るほど唾液の量が減るために、口の中が乾いた状態になりやすくなります。
唾液の分泌量が多いということは、口臭を減らすのに必要な状態です。
高齢になると、20代4分の1以下の唾液量になってしまうといわれているので、これからも年齢が原因となる口臭が存在することが明らかでしょう。

加えて、もともと口の中には、たくさんの細菌が常在菌と呼ばれ存在します。
それは、たとえ若くて健康的であっても変わりません。
とは言っても、年を積み重ねるとともに口腔内の細菌の釣り合いが変わってきます。
年齢がそれほど高くない時は口の中にも細菌が多く居たので清潔な環境を保っていたのに対し、年を重ねるに従い歯周病や口臭といったものの原因になる嫌気性の細菌が優勢になります。

唾液分泌量の減少とともに口腔内の自浄作用が悪化し、口内の清潔に役立つ細菌も少なくなることで、年齢による口臭の発生は逃れることが難しいようです。
加齢からくる口臭を発生させないように、日頃から口内をきれいにしておき、数ヶ月に一度は歯科医に診てもらって歯周病のケアもするようにしてください、口内の乾きを防ぐためにこまめに水を飲むのも、簡単な口臭予防と言えます。